今と言ったら今でしょ、すぐすぐすぐ!

こちらのブログは久しぶりになってしまいました!

「世界一やさしい苫米地式コーチ」として、YouTube動画を投稿して、別ブログを書いているのですが、こちらのブログでは、逆に「世界一やさしくないかもしれない苫米地式コーチ」として書いていくかもしれません。

かも、です。

 

私は、以前、高齢者の方と接する仕事を約8年やっていました。

このようなことがありました。

重症の妻に付き添っている夫がいました。
夫人の病気は非常に重くて、治って退院する可能性は極めて低い状態でした。
夫が話します。

「私は妻に苦労のかけっぱなしだったよ。
やっと生活も安定して、楽になってきたところで、妻は病気になってしまった。
苦労させて、良いことなかったのかな。
退院してくれれば、温泉とか、好きなところへどこへでも連れて行ってやれるのに。
楽にさせてやれるのに、退院できないなんてなあ。
かわいそうだよなあ。」

すると、私は、遠慮なく言います。

「○○さん、今の奥さんを喜ばせられるかもしれないですよ。やさしく話してあげたり、手でさすってあげたり。○○さんの気持ちは通じますから。」

すると、「そうかなあ」と言いつつ、妻に対して語りかけてくれるようになっていきます。

夫の、妻の治る見込みのない病気に対する苛立ちや、不満が目に見えています。それが、妻の心をより重くしてしまっているのです。
今妻を喜ばすことができなかったら、万一病気が治って退院して温泉に行っても、奥さんをいたわるどころか、温泉がイマイチだとか、食事がどうだ、値段がどうだなどと、文句だらけの旅行になってしまうでしょう。

もし退院できれば、という可能性のほぼない世界での「いたわり」など、幻想なのです。
しかし、現実に私たちは、この幻想の世界でのたうちまわって、「今」を見失ってしまうことが、多いのです。

(逆に「今」をしっかり見つめた方が、奇跡が起こったりします。)

それまで、私も中途半端な気持ちでは、お付き合いしていないので、本音を言えるようになっています。こうして、夫と話してみると、だんだんとわかってもらえます。
そして、夫婦はお互いに気持ちを確かめあって、希望なき明日に踊らされることなく、希望に満ちた今日、今を大切にしていきます。

高齢者の現場では、こうした命を見つめたやり取りが日常に行われています。

「今を生きる」ということです。

後悔しないために、今を生きるためにも、ゴール設定は仕事だけでなく、家庭、地域、健康、趣味などいくつも持つといいですね!

ちょっと前のものですが、鉄拳のパラパラまんがの振り子という動画を見て、感じたことを書きました。

 

「要介護認定を受けた人も、現状を超えたゴール設定を」 苫米地式コーチング認定コーチ補 いしいたかし

要介護認定を受けると、ケアマネジャーが居宅サービス計画書(ケアプラン)というものを作る。

様々なケアプランを、何千と見てきたが、画像にあるように、教科書的なテキストにあるケアプランでさえ、本人や家族の意向は、現状の維持、継続、多少の改善である。

   
 
  

近年、若干変化してきて、本人がやりたいことなどをケアマネが引き出すようになってきてはいるが、それも、「理想的な現状」に変わりはない。

長期目標、短期目標も傾向は同じである。

これでは、未来の可能性を単に限定するに過ぎない。そればかりか、よりスコトーマが強まり、その目標さえ達成できなくなる。強いエネルギーが生まれないのだ。

我々コーチは、コーチングを更に普及させ、正しいマインドの使い方をもっと一般化させる必要があるのではないだろうか?

これらのケアプランに、「現状を超えたゴール」が記され、高齢者本人がとんでもなく元気になったり、驚異的に回復したりして、要介護から、要支援、自立へと、どんどん元気になり、遂には亡くなった後に達成するようなゴール設定をして、活き活きと生涯を全うできるような、そんな生きがいのきっかけになる、ケアプランは素敵ではないだろうか。

苫米地式コーチング認定コーチ
いしい たかし