苫米地式コーチング認定コーチ補ということ

MBAとるか、大学院行こうかどうか考えていたけど、何か物足りなさを感じていた。自分の一生をかけられる分野かと言ったら、自分には何か足りなかった。本当に苫米地式コーチング認定講座を受講し始めてよかった。コーチング自体理論体系がでかいし、認知科学は常にアップデートされる最新の分野だ。

何といっても、苫米地博士やマスターコーチのゴールの抽象度が高い。コーチングなら、一生かけてもいいと、心から思えるし、知的欲求がおおいに満たされる。知りたくてたまらないし、ワークなど実践すると、また深い。

エフィカシー(自分の能力に対する高い自己評価)を上げるには、まず、圧倒的にエフィカシーの高い人のそばに行ってみるのがいいと聞いていた。苫米地博士にお会いして、エフィカシーが高いってこういうことか、って思った。それ以来、自分の脳が、大急ぎで、いろんな動きをはじめている。

投稿者:

いしい たかし

石井崇獅。苫米地式コーチング認定コーチ養成講座を青山龍マスターコーチから学び、直接苫米地博士からコーチングを受ける。苫米地アカデミー。苫米地ワークス。得意分野リーダーシップ(高齢化社会)。天パー。水戸生まれ。東京、茨城、時々いわき。Takashi Ishii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です