「コーチング的人助けとその価値」苫米地式コーチング認定コーチ いしい たかし

例えていうなら、ボランティア的人助けは、池で溺れている人がいたら、浮き輪を投げ渡して助ける。

自己犠牲的人助けは、池で溺れている人がいたら、自分も池に飛び込んで助ける。

コーチング的人助けは、池で溺れている人がいたら、本当は溺れていないことを気づかせ、更には、そもそも池自体、存在していないことを気づかせる。

  

苫米地式コーチング認定コーチ

いしい たかし

投稿者:

いしい たかし

石井崇獅。苫米地式コーチング認定コーチ養成講座を青山龍マスターコーチから学び、直接苫米地博士からコーチングを受ける。苫米地アカデミー。苫米地ワークス。得意分野リーダーシップ(高齢化社会)。天パー。水戸生まれ。東京、茨城、時々いわき。Takashi Ishii

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です